ホ別

私は男性と会う時は絶対にホ別だと決めています。ホ別じゃないとわりきりをやっている意味がありません。初めのころはホ別を知らなかったのでこんなもんなのかと思っていたのですが、ある日、ホ別2くれる男性が現れてホ別というものを知ったのでした。私は今まで損していたような気分になり、それから絶対にホ別でしか会わないようにしています。今までホテル代も自分で払っていたようなものだったのです。そう考えると腹が立って仕方がありません。今は人によって値段はさまざまですがホ別であることに変わりありません。私は定期的に会っている人が5人はいます。5人とは別に彼氏もいるので、彼氏も合わせると6人の男性と定期的に会いホテルに行っていることになります。1人の男性だけでは物足りない私としてはちょうどいい人数です。彼氏は私がわりきりをしていることはしっています。
ホ別苺
もともと、彼氏とも出会い系サイトでわりきりをしている時に知り合ったのでわりきりをしていることには納得してくれています。やめてほしいと言われたとしてもやめないでしょう。私たちは付き合っているだけで結婚しているわけではありません。お互いに生活があるので、そういうことを彼氏に言われる筋合いはないのです。私は彼氏の所有物ではありません。私の生活を彼氏がみてくれるというのならまだわかりますが、そうでもないのに、私の生活に口を出されるのには納得がいきません。私はわりきりをして生活していることで安定した生活を手に入れているのです。今の生活の質を落としてまで彼氏が必要だとは思っていないので、わりきりをやめなければいけないくらいなら彼氏と別れるでしょう。彼氏にもそういう話をしているので、彼氏も納得してくれているのです。自分の生活は自分で守っていくしかありません。
穂別とは
穂別の意味