叱る

☆子供を叱る時の注意点☆

☆叱る時の注意点について☆

<<子供を叱る時の注意点とは?>>

スポンサード リンク
スポンサード リンク   
  子供が何か、してはいけないことをした時、
  きちんと叱ることは大切なことです。
  しかし、「叱る」時には、注意しなくてはいけないことが
  いくつかあります。


  まず、子供のタイプには、叱っても大丈夫な子と、
  そうでない子がいます。


  叱っても大丈夫な子は、情緒的に安定していて、
  楽観的な子です。
  積極的な情緒的に安定してる子を叱ると、
  前向きに受け取ってくれ、
  「ごめんなさい」「こんなことしちゃいけないんだね」と、
  素直に思います。


  おおらかで、楽観的な子を叱ると、叱っても叱っても
  あんまり効き目はありません。
  叱っているほうが、そのうちばからしくなって、
  最後には笑いが出てきます。


  反対に叱るのに少し注意がいるタイプの子は、
  気が小さいタイプの子や、頑固な意地っ張りタイプの子
  です。
  気が小さいタイプの子は、叱られると、ドキッとしてしまい、
  小さくなってしまいます。
  そして、もう同じことをできなくなるのです。


  頑固な意地っ張りタイプの子は、表面では、
  反抗的な態度をしますが、本当は傷つきやすく、
  「どうせぼくは・・・。」などと思い、
  素直に自分の気持ちを表現できないのです。
  そして、人の何倍も傷つきやすいのです。


  このように、子供には様々なタイプの子がいます。
  お母さんはこれを見極めてあげて、その子にあった対応を
  していかなければならないのです。


  そして、頭からがみがみと叱るのではなく、
  どうしてそうなったのか、など、
  きちんと事情を聞いてあげましょう。
  理解してあげた上で、どうしてダメだったのか、
  どうしたらよかったのか、きちんと話してあげましょう。
  そうすれば子供も、「そうかぁ」「こうすればよかったのか」
  と理解できるはずです。


  振り返ってみると、頭ごなしに怒鳴り散らしているだけで、
  子供は親が何を怒っているのか分からない、
  どうしたらいいか分からない、
  といったことがあると思います。


  ここは大人が、カーッとしても、深呼吸をして、
  落ち着いてから叱るように
  気を付けていかなくてはいけませんね。


  また、注意の仕方として、子供の悪い点ばかりを
  注意するのではなく、良いところもあげて、
  【良い点・悪い点・良い点】と、はさんで言ってあげることも
  有効的です。


  例えば、妹をたたいて、泣かせてしまったとしましょう。
  このような時、
  『また泣かしてる!』『お兄ちゃんなんだからダメでしょ!』
  と頭ごなしに叱るのではなく、


  『最近おうちのお手伝いもしてくれて、
  お母さん助かってるわ!ありがとうね!』
  『今、(妹が)泣いていたみたいだけど、どうしたの?』
  『お手伝いもできるお兄ちゃんなんだから、
  妹を泣かせてはいけないわよね。
  理由を話てごらん』


  このような叱り方をすると、叱られてるけど、
  褒めてもらえているところもあるので、
  比較的すんなりと子供の中に入ってきます。


  このように、少し叱り方を少し変えるだけで、
  子供の受け取り方がこんなにも違うのです。


  「叱る」ということは、エネルギーも使い、
  難しいことかもしれませんが、
  大人の対応が違うだけで、子供の反応も違ってきます。
  子供に変化を求めるだけでなく、大人の私達から
  変わっていきましょう。



  
スポンサード リンク
  


スポンサード リンク
  
メニューリスト

子育てのお悩み解消法TOP


赤ちゃんとのスキンシップ


コミュニケーションの取り方


子供のこころとは?


『甘えさせる』と『甘やかす』の違い


ありがとうを伝えよう!


子供を叱る時の注意点


子供のしつけ方


共働きでも大丈夫?


お父さんも子育てしましょ!





私のストレス発散法


グアム旅行


プーケット旅行


オーストラリア旅行


シンガポール旅行


ハワイ旅行





プロフィール



リンク集


リンクについて
スポンサード リンク
  
お役立ちサイト

Happiness☆誕生〜子育て


西南女学院大学谷川研究室


子どものための博物館情報


つくりんぼ児童美術教室


e-お弁当作っちゃいました!
Copyright(c) 子育てのお悩み解消法 All Rights Reserved